クレカの用意はOK??シアターは大手通販サイト販売だから安心 2017年度 ボディソニックユニットの価格 2017年度 スピーカートランスデューサのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ 2017年度

設置場所は、これから考えます。肘掛けに手をのせていると!手のひらから肘にかけて!たっぷりと振動を感じることができます。固定するためのネジは付いてます。

下記の商品です!

2017年03月16日 ランキング上位商品↑

ユニット ボディソニック トランスデューサ スピーカー シアター50W 振動ユニット ボディソニック トランスデューサ スピーカーでは再現しきれない重低音の臨場感を振動で再現 50Wハイパワー振動ユニット ボディソニック トランスデューサ ホームシアター 上海問屋

詳しくはこちら b y 楽 天

専用のアンプもあるなら教えて欲しいです。(2)SUBウーファーとして接続してみました。これは面白い!しかしながら1点。ですが、なかなか面白いホームシアターアイテムとして購入。気に入ったので本品をさらに2台追加してオットマン(足のせ台)の内部にも設置しました。腰の位置のウレタンの一部を押しのけてダンボールを土台にして埋め込んでいます。あこがれのボディソニックだけになんとかしたいのですが・・・。変なのにつなぐといまいち迫力無いですが、安物でもウーハー出力がいい感じのにつなぐと、本当にズンドンすごいです。早速映画を試聴してみると!本体からの当然音は無し。リピートです。重低音のボリュームを上げすぎると振動が強すぎて音楽に集中できなくなるので、メインスピーカーの音に「隠し味+α」な雰囲気となるように調整して楽しんでいます。また!そのまま接続すると中域の音が変に漏れ聞こえるのでイコライザーやローパスフィルターなどで低域だけに絞った方が良さそうです。ここまであげると、他のスピーカーの音がばかでかくなり、使用できませんでした。床に置いたら床全体がサブウーファになった様な効果がでます。付属ビスは、ちょっと長めだったので、ホームセンターで短めを購入して座っても痛くならないように調整。ボディソニック用の専用シートのように場所も大きさも限られるというものではなく、ちょっとした疑似体験ができる安価で汎用性、自由度の高い良い商品だと思います。つなげるケーブルも自分で調達。リクライニングシートの金属パイプ構造部に超強力接着剤で本商品2台を固定しました。また!思わぬ効果として!低周波信号を入力して!アンプをブーストするとこのリクライニングチェアがまるで!マッサージ器のような振動が得られるので!簡易マッサージ器としても利用できる程の大迫力です。別にショップ店員ではないけど!一購入者として!こいつの働き具合は個人的にべた褒め。もっと低い音だけで振動すればいいんですが、普通にテレビの音でも振動します。素晴らしいです!オーケストラの豪快な響きを体で感じたいという目的にピタリ。手のひらよりちょっと大きなサイズのスピーカー。椅子そのものを構造部分から振動させてボディーソニックにしたわけです。迫力を感じるほど震わせようとすると、かなりのパワーが必要で手持ちのアンプでは力不足でした。廉価なので、実際の効果にはやや疑問があったのですが、コンポに接続すると、振動を始め、音のクリアさも意外に失われていませんでした。ウーファーのみからの接続、振動もBGM等々すぐに慣れてしまい、特別問題なし。どなたかお勧めがあれば教えてください。車にこの!50Wハイパワー振動ユニットと!JBLのSPに!別売の高純度OFC (無酸素銅) 線材 Ortfon 7NX-SPK 4000Q採用 2.5m スピーカーケーブル繋げて!良い感じです。2台を直列につなぎ、本品を駆動するために購入したアンプ(レパイ LP-168HA)のサブウーファー端子につないでいます。この価格と大きさで、大した振動は期待してませんでした。大きい音が出せない環境では、この振動ユニットとイヤホン/ヘッドホンという組み合わせもありだと思います。(3)写真のようにカウチソファーの下に仕込みました。ヘッドホンアンプを一つ増設して、少しパワーを増強。それよりも!ウーファーの凄いの(?)を買い足すよりも!体に響く振動での方がすごくリアルで!ゲームも同様没入感が違う。今日届いたばっかりで、出来得る限りの範囲で試してみた結果は本当に良かったと思います。ただ!50Wまで大きなアンプに関して!丁度!昔のサンスイのアンプがありますので!それを通して接続予定。このトランスヒューザーを人が触ると!人体を伝わって!周りに音が広がるので不思議です。素人でよくわかっていなかったのですが!専用にアンプを用意しないとダメみたいです・・・・。低音部にのみ絞って出力されているというよりも!BGMとかでも少し振動が常時出ることが多い。。プレステのコントローラーのバイブの10倍は来ます。そして総合的なレビューとしては!必要にして十分。接続は工具いらずで線を挟んでとめるだけ。もちろん映画館にはかないませんが・・・。(6)アンプの設定で、50Hz以下を強調するのがポイントのようです。取り付け場所によって振動の伝わり方が大きく変わりますから、いろいろと試行錯誤してみることをお勧めします。パソコンで使える方法が知りたいです・・・。説明書とかは一切無いです。「パシフィック・リム」を映画館で見た時に!ボディソニックのタイプのシートで見たのが衝撃的で!これを家庭でも味わいたいと色々探してこちらの商品を購入しました。ウーファー出力から小型アンプを通して接続完了。まるでライヴ会場に居るような迫力で!大満足です。音楽も今だけかもしれないが!体感して聞くとまた違った感じで聴ける。大きさは、ホームシアターには最適の大きさでしょうか。振動ユニット単独の時より背もたれなど広範囲が震えるのでアンプの出力は低くても結構、体感できます。(5)それより少し高い低音はお尻が「こそばゆい」感じです。そして肝心の振動具合はというと、予想していた以上にシートの下からビリビリと。夜はさすがに近所迷惑なので使えませんが!昼間自宅で映画を見るときにはなかなかの迫力を感じます。そこでパソコンへの接続を諦め、オーディオのアンプのスピーカー端子に接続したら使用できました。(4)振動のような低音は床が振動していい感じです。AVアンプのウーハー出力を分岐させ、ハイローコンバーターと専用アンプを通してこの製品に接続し、自室の座椅子にセットしました。なので、アンプ前にイコライザー等で、高音、中音部をかなり絞った状態で接続するのが良いかと。爆発シーンではしっかりとした振動が。やや重低音が強調されすぎるきらいはありますが個性の範囲です。今の環境で!かなり大きめのフロントスピーカーを付けてますので!ウーファーは!必要ないかと思ってまして!AVアンプのサブウーファ-用のジャックが空いてますので!そこに付けるつもりです。コスパも非常に高いのでは…?(0)物は試しで買ってみました。プロジェクタを120インチのスクリーンに投影して映画を見ていますが!なかなかの優越感に浸らせてくれるアイテムだと思います。商品自体は安くて助かります・・・。また報告します。追記:その後、音楽、ライブ、ゲームを一通り試した結果です。2,1chアンプとこの振動ユニットをリクライニングチェアに組み込み!ヘッドフォンとこの振動ユニットで夜中でも大迫力の音楽が楽しめるようにしました。(1)アンプのインピーダンスが8Ωなので、2個直列にしました。クラブのデカいスピーカーの前に立ってる様な感覚です。1つでも威力あるのでマットレスの下に置いてもベットのほぼ全体に振動しました。PCの附属のウーハーに並列で接続しましたが、全く鳴りませんでした・・・。が、かなりの音量を上げないとダメでした。需要が減少されつつあるボディソニックですが!やはり無くてはならないものです!クッションの中に詰め込んで利用してますが!十分です!まだ売ってあって買えて良かったです。うちはマンションなので取り付け位置にいろいろ試行錯誤しました。ローパスフィルターは何とか入手できたので現在アンプを物色中です。凄く良いです この値段でこれだけ楽しめるのは前回は試しで 1つだけ購入して使ってみて良かったので 慌てて再注文しようとしたが売り切れやっと!再入荷で購入することが出来ました2個必要な方は ためらわず 買う事をおすすめします私は以前使っていた アンプがあったのでそれを使いましたがお持ちでない方は小型アンプも一緒に買うと良いかもしれませんTA2024チップ搭載 小型サイズ RCA接続デジタルアンプ オーディオ 上海問屋 DN-AMPシリーズ [★]これが在庫ありなら良いかも?今までよりも!低音よりが!ハッキリしいました。打楽器の振動やコントラバスのズズズズーンを楽しむことができます。ただ、長時間使用すると気持ち悪くなるのでソニック自体にもオンオフスイッチが欲しいくらいです。椅子からは背中腰尻!オットマンからはふくらはぎに重低音が気持ち良く響きます。ホームページのつなげ方を参考にアンプにつなぐのですが!つなぐアンプによってかなり重低音の感じが変わります。結局はソファーの下に取り付けるよりも背もたれの裏に取り付けたほうが床に伝わる振動が少ないということがわかり!ソファーの裏を剥がして中の金網(?)に当たるように取り付けました。ただ!余りこの商品のハードルを上げすぎると!こんなもの?で終わってしまうかもしれませんが!買って損はしないと思います。まるで、ヘッドホンで聞いているようです。あとは、アンプの問題でしょうが、低い音を結構拾うので、男性が喋っただけで振動します。アクション映画が好きな自分にとってはお気に入りのアイテムになりました。入力信号はメインシステムのプリアンプREC-OUTから取り出しています。